グアム旅行4日目 CLEARED FOR LAND

2009年12月2日(水曜日)雨 手術後253日目



今日でグアム島とはお別れです
朝、日本でのいつもの生活同様、4時30分に目覚めました

波の音、海の香り、  4日間楽しかったなあ

朝食はシェラトンホテル内のポイントという
カフェにて サンドイッチを


出されて来たスターバックスコーヒーのトールサイズにびっくり 
いやはやアメリカは何をするにしてもダイナミックですね

チェックアウトを済ませて
13時30分にバスが迎えに来てくれるので
それまで、ホテル内のパソコンルームでインターネットを眺めて過ごしました。
しかし、冷房が効きすぎて寒いぞお、、常夏の島グアムで
こんなに寒い思いをするとは、、、

定刻通りバスが迎えに来てくれました
既に、旅行会社の方によりチェックインは済ませてあり
航空券を渡されました。ノースウエスト航空443便です

グアム国際空港での出国手続きは簡単に終了して、
空港内のファストフード店で昼食を

ワイフはラーメンを注文(味はイマイチ)

僕はバーガーキングで量的に一番少ないだろうセットメニューを
注文したのですが、およよよ、、日本のマックバーガーの2,5倍は
あろうかと思われる巨大さ (セットで約8ドル)
でも美味しかったですよ
ノースウェスト443便は出発が遅れるとのアナウンスが、
おっ443便はB757じゃありませんか
JALやANAでは使用されていないレアな機体です
コクピット部の流線型、シャープな感じがします
グランドスタッフの方々も日本と異なり、アメリカ的(=ビジネスライク)な対応
30分程遅れて、やっと搭乗
B757内部はとても綺麗で、客席前後間のサイズはB767よりもゆったり
しています。エコノミークラスの客席は3席+3席のセッテイング
客席は(JAL機、ANA機と異なり)やはり、液晶画面はついていません
映画鑑賞は客席所々の天井にあるモニターのみです
室内の広さ、レイアウト、JR新幹線内部に似ていませんか?
滑走路タキシングが始まりました
お世話になったトレンドベクター社の格納庫が近づいてきました
格納庫入り口には僕が操縦したセスナ172が見えます
僕がセスナでテイクオフした26R滑走路から
443便は飛び立ちました
さようなら、グアム
タモン地区のホテル街が見えます
機内食は来る時とはかなり雰囲気が異なり
ややゴージャスです(ラザニア、スポンジケーキ、サラダ)
車の運転がある為、アルコールは断念!
窓外は丁度日没、夕焼けがとても綺麗です
18時過ぎ、ほぼ予定通り成田空港ファイナルアプローチコースに入りました
この時期、この時間、34Lへの着陸のつもりでしたが、窓外から見える
街の様子がどうも違います。
着陸してようやく16Lに着陸した事に気がつきました。
長いゲートウェイ(成田空港で最長のコースになる)を通過して第一ターミナルに到着
長過ぎず、短くも無い快適なフライト、快適な休暇でした
25年間付き合ってくれた奥さん ありがとう いい旅だったね
明日からも楽しく過ごそう
Post a Comment