コクピットビルダー冥利

2008年3月16日(火曜日)手術後 356日目



先日スペインから届いたばかりのMCPのセットアップ中です

現在使用のMCPは3年前に個人輸入した
ポーランドのPoldragonet社の製品です。
FSBUSというドイツ人 Dirk Anderseck氏考案のフリーソフトを中心に
コクピットシステムをコントロールしています。
PoldragonetのMCPには何の解説ファイルも無い為、1年に及ぶ
試行錯誤の末に 何とかFS9の B737を操る事が出来る様になりました。

しばらくこのMCPシステムで満足して飛んでいたのですが、
FS9はB737前世代グラスコクピットの為 、
FMC(フライトマネージメントコンピューター)の操作に
物足りなさを感じる様になりました。
それに付け加えてPMDGがあまりにも良く出来たソフトなので、
是非このソフトのFMCを自在に操れるシステムを作りたい、、
という思いもありました。

旅客機シュミレーターの醍醐味は(MCPやCDUの)FMC
機器類の操作にある、と言ってもいいのでは無いでしょうか。
今回スペインから取り寄せたこれら機器類に
期待と興奮は高まっていました、、、、、
夢のリアルコクピットがいよいよ完成!
、、、、が、、、、おっと、、どっこい
そうは簡単に事は進みません
マニュアル通りにセットアップしたのですが、全く動いてくれませんぞ、、

3日間悪戦苦闘の結果、方々のConfigファイルを書き換えて
ようやく完全にPMDGのMCPとリンクさせる事に成功しました

写真は、ポーランドのメーカーPOLDRAGONETのMCPです。
FS9のみの限定稼動ですが、なかなかリアルな細工が気に入っています

スペインのOPEN COCKPITのMCPをコントロールするSIOCexeの
Config設定中の場面、PMDG B737 800/900カレントVerではうまく動いて
くれないので、Configファイルを多少修正する必要があります
あまり真面目に製品マニュアルを読む人間では無いのですが
今回はSIOCのマニュアルをかなりムキになって見つめました


最終的に、PMDG側のキーコマンドiniファイルを書き換える事で
解決しました    いやーーー嬉しいですねーーー
PMDGの画面上のMCPと完全にリンクしダイヤル数字が
変化した時の感激は、、、一人で思わず叫んでしまいまた
       「 よっしゃーーーぁあ!! 」
コクピットビルダー冥利に尽きます

次はEFISと難関CDUセットアップが待ち受けています

MCPが三つ並んでいる不思議なショット

Post a Comment