NW774便

2009年11月29日(日曜日)晴れ 手術後250日目

本日から4日間、グアム旅行へ出かけます
下の写真はいつも「さくらの丘公園」から眺めていた
成田空港34L滑走路の南端 34L CATI表示を機内から撮影したものです

今晩の成田は何故か離着陸機が混雑していて
ノースウエストNW774便は定刻より45分程遅れて出発になりました
飛行機の旅は5年振り、海外旅行は何と13年振りです
チェックインが自宅のパソコンで出来るのには驚きました
チケットは昔の重々しい磁気テープの仕様では無くなり、
薄っぺらなスーパーのレシートの様
チェックインが終わり、第一ターミナル5Fにあるクレジットカード提供の
ラウンジにて休む事にしました、、、が、、これが予想に反して
ちょっとがっかりでした。子供が騒ぎ周り、団体のお兄さん達がビールを
飲みながら大声で喚き散らす様は唯の待合室といった感です
ここで買ったばかりのIpodをいじっている内に搭乗時間となり
入管を通りゲート24に行くと、何やら係りの人が慌てている様子
7時搭乗かと思いきや、何と7時出発、、やばい
大慌てでゲートチェックを受けると。。ここでノースウエストの方に
呼ばれて再度持ち物検査、何やらセンサーらしき器具でカバン中身
身体検査を念入りに検査されました。聞くとこれは、ランダムチェック
(抜き打ち検査)との事です。何も出発ぎりぎりの小生にしなくても
いいと思うのですが、、
そんなこんなで搭乗すると、出発が30分以上遅れるとのアナウンス
ノースウエストの機内は流石、アメリカンらしく省かれるものは省かれ
シンプルそのもの、客室アテンダントもみんなばらばらの服装で
航空業界のお家事情が伺う事が出来ました。
もっともこうした企業努力があってこそ、格安海外旅行が実現して
誰でも手軽に外国へ行ける様になっただから まあ良しとしましょう。
因みに28年前、僕が一人で欧州旅行した時には10日間で約100万円
の費用が掛かりました。(半分は銀行ローンにて返済)
もう一つ驚いたのは、アメリカ合衆国(グアム)への入国審査書類が
3枚もあり、機内で渡されるのですが、これが面倒くさかった
待ち時間中の機内から見た第一ターミナル北ウィングの様子です
周りはデルタ航空機、コンチネンタル、ユナイテッドの機体だらけ
7時50分いよいよ34Lから離陸です
離陸と共に、いつも飛行機を憧れの眼で見ていた成田の夜景が
実に綺麗に輝いています。決められた航路(STAR)の通り、阿見付近で
進路を東に変え、銚子上空から太平洋に向けて一路グアムへ、、、
機内サービスは機内誌が3冊、新聞雑誌、映画放映(全て英語)
そして夜食(軽食)アルコールドリンク(全て無料)


楽しみにしている機内食ですが、味はあまり期待していませんでしたが
やはりそうでした
でも3時間19分のフライトはあっという間で、パイロットのアナウンスで
12時過ぎにグアム空港への着陸態勢に入りました
上空から見るグアムは整然としたライティング、やはりアメリカを感じさせます
スコールの後なのか、道路が濡れているのが上空からでも良く判りました
ランディングは今まで経験した事が無い(といっても数回)
位衝撃のあるゴツンという乱暴なものでした
ぞろぞろと入国税関に向かいます。
これが又一人ひとりのチェックに時間が掛かり
結局、シェラトン到着したのは午前1時30分
それから、シャワーを浴びたりして寝たのが3時過ぎ
うーーん明日は大丈夫かなあ?

シェラトンホテルの吹き抜け部です。実に豪華!こんな贅沢をしていいのもか
普段貧乏暮らしをしているせいか、戸惑う事しきり、、、
明日はこのツアーのメインイベントである飛行機操縦です
早く寝なくっちゃ
Post a Comment