カナの婚礼

2009年10月18日(日曜日)晴れのち雹のち晴れ 手術後208日目

今日は、結婚式に招待されています
教会(プロテスタント教会)を通じて親しくなったNさんのご子息の結婚式です
Nさんは波乱にとんだ、まるで小説の様な生き方をされた方です。
僕が彼女の立場だったらおそらく人生を放棄してしまっていたでしょう
災難、逆境の中で6人のお子さんを立派に育てられ、そして
ご自分もビジネスをスタートして苦労の末、成功しています

苦境に立たされたとき、彼女の姿を見て、励まされ
何度と無く立ち上がる事が出来たか、、、、

受けるより与える事の方が喜びが大きい
多くを語らないNさんはいつも行動で、その事を教えてくれます

今日はNさん自身にとっても、特別な一日です
Nさんと牧師であるI牧師と婚約が決まり、新郎の両親として
結婚式に参列されるからです

幸せそうな笑顔のNさん

おめでとうございます

結婚式会場は那須塩原市の「プラトリーナ」という綺麗な会場
司式は知り合いのM牧師が行いました
参列者が新郎新婦に花びらを投げるという洒落た演出です

式の最後の祝祷には新郎のお父さんのI牧師が行いました
迫力あるその祈祷に、感動、、、、そして最後に父と子で抱き合う
姿にこれまた涙、、、Nさん良かったですね
食事は高級懐石、和洋折衷料理の数々、、、最近減食している僕にとって
かなりのボリュームです。そしてアペリティフから始まり、ビール、ウィスキーと
飲めや歌えやのドンちゃん騒ぎ、
実は、I牧師はクリスチャンにしては珍しくお酒が大好きな方で、
以前一度酒席をご一緒させて頂きました。今日も飲みたかったのでしょうが、
Nさんのお嬢さんに厳しく監視されていて、(肝機能の面で)
物足りなそうにあちらこちらのテーブルを回っていました
とかく型に囚われてばかりいる日本の牧師の中では珍しいタイプです
僕はこういう牧師が大好きです。

イエスキリストが最初に奇跡を行ったのはカナの婚礼でした
水をぶどう酒に替えて、皆に振舞ったのが始まりです。
ですから日本のプロテスタント教会の牧師の殆どが飲酒に対して、
嫌悪感を示すのか良く判りません

3時間にもおよんだ披露宴でしたが、
あっという間に過ぎた楽しく感動的な時間でした。

NさんI牧師 おめでとうございます
人生いよいよこれからですね
お二人の上に神様の祝福がありますように、、、
Post a Comment