ドレーン管


3月31日

昨日今日と嬉しいニュースがあった

抗生剤の点滴を中止、水分点滴本数を減らす

更に、ドレーン管を抜くとの事!

相変らずお腹から突き出たドレーン管からはどす黒い血液が

ドレーンタンクの微小減圧機構にゆっくりと流れ出ている

(通常、前立腺全摘手術の場合 黄色いリンパ液と血液が

半々との事) こんなんで大丈夫なのだろうか?

夕方、ドクターKによりいとも簡単にドレーン管は撤去される

管があった「穴」はガーゼを押し付けただけで 2~3日で

塞がるとの事 意外と人間の体は丈夫だ!

残すチューブは水分点滴とフォーリーカテーテル(膀胱から直接排尿する管)のみになる

Post a Comment