操縦棹




2009年 4月23日


手術後 30日 退院後 14日




写真はボーイング747のキャプテン側の
ヨーク(操縦棹)です成田航空科学博物館にて
撮影しました どれくらいのフライトを経てきた
のでしょうか  この塗装が物語ってくれます

ボーイング737/747のヨークに憧れて以前、オークションを
探したのですが、あまりに高額なので
諦めました。アメリカの航空機ジャンク売買
業者でも7~8万円の価格がつけられています
となるとやはり自作するしかない

ネットを駆使してB737のヨークの寸法を
推測して図面を引いてみました
5cm厚MDF材2枚を使用して
ジグソーとトリマーにて削りだしてみました

B737ヨークは立体的な要素が大きいの
で、削りだしにはかなりの時間を要して
います

内部にトリム等スイッチ類配線の為、トリマーにて
溝を入れてあります

            ベースの部分はかなりいい感じで仕上がりました

トリム スイッチ類を取り付ける両端
は別に加工してあります

これもMDF材を削ってみました
昔、近所に器用なお兄ちゃんがいて
ゼロ戦やグラマンの見事な
ソリッドモデル(木を削って作る模型)
を作っていたのを思い出しました
このヨークはまだまだ完成しそうに
ありません
Post a Comment