11月10日(火曜日)晴れ後くもり 手術後231日目

昨日、ガラス板をジョイフル本田にて購入、
小屋の窓枠に取り付けました


 
ローラ・インガルスの大草原の小さな家の中に
父さんが窓ガラスを取り付けた話があります
窓によって家の中が別世界の様に明るく変わり
家族が大喜びする様子を思い出しました

窓一つでこうもイメージが変わるものですね

丁度一年前の11月10日、僕は癌の告知を受けました。
先が見えない暗闇の中に落ちて行く不安、孤独感
そんな中で友人に教わったオマジナイ がありました

    「主よ感謝します」

明け方の暗い道を歩きながら、この言葉を唱え続けました


「常に喜べ、絶えず祈れ、すべてのこと感謝せよ」
という言葉が聖書にはあります
ふざけるな!癌になった事を喜び感謝できる訳無いだろう
そう思うのが当然です。しかし、騙されたと思いつつも
「感謝します、癌になった事にも感謝し、喜びます」
繰り返し唱えると、不思議と平安が訪れました
心に一条の光が差し込むのを感じました

神や仏を信じる信じないは別として、物事の解決は以外と単純で
直ぐ目の前にぶらさがっているのかもしれません

窓枠は全て木工自作です。アルミサッシに比べて耐久性が心配ですが、
何とも昔風のいい雰囲気に仕上がりました
誰も誉めてくれませんので またまた 自画自賛、、、、、

窓から差し込む秋の夕日を楽しんでいます

Post a Comment