孝子桜


2009年4月10日


昨日、病院の帰り道に近くの小学校校庭に咲いた枝垂れ桜を見に行った

「孝子桜」という名で地元では親しまれている桜の老木だ

・・・病気の父親に桜の花をみせてあげたい・・・

子の願いが叶い 冬の日 満開の桜が咲いた

これが「孝子桜」の名の由来だそうだ。添え木で支えられ、

樹皮のみでかろうじて地面と繋がっているものの

他の若木の桜よりも 鮮やかに 艶かしく 咲き誇る 老木に

自らの人生を重ねてみる

 

まだまだ・・・これから 一華 二華 咲かせようか

妻は 黙って 桜色の木漏れ陽の中 微笑んだ









Post a Comment